Level0 コラム

果たして「オタク彼女不要説」は本当なのか!?オタクが彼女の作り方を徹底紹介します!

【「オタク彼女不要説」は本当にあるのか?】

オタクは彼女を必要としていないことが前提にあるような雰囲気があるわけですが、実際にオタクは彼女についてどう思っているのでしょうか?

少なくとも学生の頃からオタク一筋だった僕としては、「オタク=彼女不要」と思っていました。

しかしある日、その無敵の方程式は崩れてしまい、僕はあるホンネと対峙することになったのです。

ほとんどノンフィクションな物語ですが、オタクである僕が「オタク彼女不要説」の検証に挑んでみました。

自分の気持ちにウソをつくことなく、読み進めて頂けると幸いです。

【「彼女作りはリア充のやること!」の真実はどこにある?】

学生の頃からオタクとつるんできた僕にとって、彼女という存在は遥か高い空にある雲のようなものでした。

自分の周りにはオタクしかいない…

近くに女はいるが、性格や好きなものは知っているけど会話したことがない、というかそもそも画面から出てこない。

地球上の人類で半分以上を占めているはずのリアルな女性は、なぜか自分の周りにはいませんでした。

しかしそのような環境であっても、特に不安はありませんでした。

だって周りのオタクも彼女なんていなかったから…

彼女がいないのが当たり前の世界で生きていれば、何にも不安なんてない!

そう自分に納得させていました。

しかし、ある日のこと。

イベント会場にオタク友達が彼女を連れてきたことで、事態は大きく動きました…!

他のオタク友達もあまりの驚きに言葉が出ず、空気が何か自分が感じたことのないような、鉛のように重くなったことを今でも覚えています。

イベントの後、早々に彼女と消えていくオタク友達(この時点で友達とは思わなくなっていましたが)を尻目に、ぼっちオタク友達と居酒屋へ行きました。

話題はもちろん、彼女を連れていたオタク友達のことで持ちきりです。

彼女を手に入れたオタク友達に対し、一通り知ってるだけの悪口を吐き出した後。

「俺も彼女欲しいな…」

一番仲の良かったオタク友達がボソリと呟いたのです。

表では「彼女なんて要らない」「彼女に興味がない」とか言っておきながら、本当はオタクだって彼女が欲しいんだなと客観的に感じました。

しかし自分に自信のないオタクは、彼女のいるリア充な生活を対極にあると決めつけて、安心安全なオタクに逃げてしまうのです。

この出来事により、僕は彼女作りに興味を持つようになったのです。

【オタクが彼女をつくりたいなら、活動の幅を広げることから始めれば良い!】

オタクの方が憧れる「彼女」という存在ですが、オタクはどうやって彼女を作れば良いのでしょうか?

これは僕の体験ですが、オタクであり続けることを前提に動くのであれば、オタクの女性が集まるところに自ら参加するのが良いかと思います。

学生であれば、アニメサークルやアニメ研究会などの同好会が良いかと思いますし、社会人であれば、コミケなどのイベントで何かしらきっかけがあるかもしれませんね。

僕の場合は、コミケ会場で知り合った方が主催する、声優を目指す人たちが集まる「ボイスアクター同好会」に参加することによって、女性を知り合うことに成功しました。

僕が参加していた「ボイスアクター同好会」は、好きな声優を応援するというよりは、自らが声優となってラジオドラマを作り上げるという、声優になりたい人にはたまらない活動を行っていました。

好きな声優を応援するだけなら男ばかりになりますが、声優になりたいという人は男女問いませんし、なかなか複数の声を吹き込むラジオドラマを作り上げる環境なんてありませんので、女性も多く参加していました。

普段は自分から積極的に女性に話しかけることができなくても、一緒にラジオドラマを作り上げるという一体感により、次第に女性と話すことが楽しくなってきました。

いつしかボイスアクター同好会のメンバーだった女性とお付き合いできるようになったわけですが、彼女と同じ趣味があるというだけで、毎日がとても充実していましたね。

まさに「オタク、リア充になる」でした。

彼女は甘くてカッコいいボイスの男性の声優が好きだったのですが、僕が知らないようなアニメをたくさん知っていたので、いろいろと教えてもらいました。

彼女のおかげで好きなアニメが増えましたが、中でも「ふしぎ遊戯」は彼女がいなかったら知り合えなかったアニメなんじゃないかなと思っています。

彼女とは最終的にゴールインすることはなかったのですが、オタクだからといって彼女作りを敬遠する必要はないということ、そして彼女と好きなことを共有できることの素晴らしさを教えてもらいました。

【「オタク彼女不要説」はまったくの迷信である!】

今まで当たり前のように囁かれていた「オタク彼女不要説」ですが、実は全くの迷信であったことが自分の体験を通して証明できたのではないかと思っています。

オタクは彼女を不要と思っているのではなく、オタクは彼女作りを不可能だと思っている、というのが現状なのではないかと痛感しています。

彼女作りを不可能だと思い込んでいるから、自分からアクションを起こすこともしないですし、自分磨きをすることもない。

それが負のスパイラルを生み出してしまい、いつまで経っても彼女が遠い存在となってしまうわけです。

オタクだって彼女が欲しいと思っているわけで、それは至って普通の感覚だと思います。

オタクだろうが、オタクじゃなかろうが、自由にリア充になれば良いのです!

少しだけアクティブに手を広げて、何かしらきっかけを掴んでいきたいですね!

(ライター:ニノツギ)

  • この記事を書いた人
中里 智明

中里 智明

妻と猫2匹と元気に暮らすゲームオタク。20代は元気にオタ活し、30代になってから婚活したところ地獄を見る。自身の経験から自己肯定感低めの奥手オタク男性に有益な情報を発信します。

-Level0, コラム
-, , ,

© 2020 LEVEL0 Powered by AFFINGER5